スヰデンボルグの愛論

 僕はスヰデンボルグが瓢箪の上部で、メーテルリンクがその下部だと云つた。以上の愛論でも分る通り、前者は神秘のもとで、後者はその膨張である。もとが偉大に解釋が出來れば、末も亦偉大になるわけであるが、それにはエメルソンといふくゝりもあるので、僕に取つては、まだ/\それ位の説では滿足が出來ないのである。然...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:33 pm  

『婦人論』

 次に、メーテルリンクはどうかと云ふに、その『婦人論』[#「その『婦人論』」に白三角傍点]を見れば分る。心靈は、何萬年も先きから、愛せらるゝのを待つて居る[#「心靈は」~「待つて居る」に白丸傍点]ので、愛の油さへそゝげば、その靈は無言の暗處から跳び出て來るのである[#「ので、愛の油」~「來るのである...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:32 pm  

スヰデンボルグ、エメルソン並にメーテルリンクの愛に對する論

 (七) 三者の愛論

 今、スヰデンボルグ、エメルソン並にメーテルリンクの愛に對する論を比較して見ると、三者の特色もよく分るし、また後に云ふ僕の所論が渠等とどんなに異同があるかも明かになるだらう。 ナポレオンが法律を制定した時、これで以つて人間界の事件はすべて網羅し得たと思つたところが、あとから...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:30 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0146 sec.

http://liquiddesign.biz/