白樺色《しらかばいろ》の蝙蝠傘《かうもりがさ》

 土手の上には、白樺色《しらかばいろ》の蝙蝠傘《かうもりがさ》と派手な鼻緒のすがつた下駄と…… かうした光景は其処にも此処にも起つた。広い世間には、かうして自《みづか》ら殺すものが何人あるかわからない。現に今でも、かうして寂然《じやくねん》としてかれが坐つてゐる間にも、さういふ悲劇が何処かで繰返さ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:05 pm  

土手の上

 土手の上には、人や車が陸続として通つてゐた。氷店、心太《ところてん》を桶《をけ》に冷めたさうに冷して売つてゐる店、赤い旗の立つてゐる店、そこにゐる爺《おやぢ》の半ば裸体《はだか》になつた姿、をりをりけたゝましい音を立てて通つて行く自動車、川の向うに見えてゐる大きな煙突から渦《うづ》まきあがる煤烟《...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:04 pm  

夕暮の闇の中

 で、それがすむと、その父親は、そのまゝ小さな棺をかついで、サツサと墓地の方へと行つた。かれは不思議な気がせずには居られなかつた。かれはその姿の夕暮の闇の中に見えなくなるまで見送つた。「仏は人間のことのすべてを知つてゐる。人間の犯した過去の罪を総《すべ》て知つてゐる。」かう思ふと、かれは其処に落着...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:04 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1011 sec.

http://liquiddesign.biz/